MENU

2023年の熱海花火大会の開催日と見どころ!穴場と駐車場を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
熱海の花火大会の開催情報

コロナ禍も落ち着いて今年こそ花火を見に行こうと思ってる方も多いですよね。観光地として有名な熱海ですが花火大会の開催地としても有名です。

仕事で休みの都合を合わすのが難しい方やスケジュールが忙しい方でも熱海の花火大会は四季ごとに開催されていて開催数も多いので見に行きやすいのでおすすめです。

観光や旅行とセットで検討してる方は開催情報と穴場、見どころもまとめで紹介させていただきますので最後まで読んでください。

\ 熱海花火大会を見るのにおすすめのホテルはこちら/

目次

2023年の熱海花火大会の開催日について

熱海の花火大会は四季で分かれていて2023年(令和5年)の開催数は全13回で開催日は下記になります。開催日が多いのでスケージュールを合わせやすいので是非参加してください。

開催日四季
4月15日(土)
5月13日(土)
5月21日(土)
6月4日 (日)
7月28日(金)
8月5日 (土)
8月8日 (火)
8月18日(金)
8月22日(火)
8月25日(金)
9月18日(月祝)
10月14日(土)
12月3日(日)

開催時間:20:20〜20時40分(7.8月は20:20〜20:45)
開催会場:熱海湾 
交通規制:7月8月のみ実施
駐車場 :隣接市営東駐車場250台ほか市営P 駐車料金:30分110円

熱海の花火大会の見どころ

花火の打ち上げ数も多い熱海花火大会の見どころは

・大空中ナイアガラ
・日本一の花火会場

熱海の花火大会はなんといってもフィナーレの「大空中ナイアガラ」で仕掛け花火とは違い会場全体から打ちげるスターマインです。花火が夜空を埋め尽くし夏の夜空を明るく輝かせます。

花火会場である熱海湾は花火師も認める日本一の打ち上げ会場で海で打ち上がった花火の音が反響しスタジアムのような音響効果があり近くで見てる人は全身で音を感じることができます。

https://twitter.com/checksix123/status/1604455348290846722?s=20

観覧場所について

熱海市がおすすめしてるのはサンビーチ海水浴場〜熱海港まで海岸線一帯で熱海駅から所要時間は徒歩で15分程です。親水公園第一工区は混雑が予想されるのとサンビーチ砂浜では会場全体が見渡せるのでおすすめです。

有料観覧席について

2023年度は実施されません。7.8.9月に開催される花火大会については熱海温泉ホテル旅館協同組合加盟施設にお泊りのお客様専用の観覧スペースが用意されるようです。

熱海花火大会の屋台について

屋台はスカイデッキ周辺とレインボーデッキ周辺に別れて出店されていて定番メニューから海鮮メニューまで観光地ならではのメニューも豊富です。

7月8月になると変わるかもしれませんが規模は去年と同じくらいかと思います。

2023年の花火大会の感想

2023年の一番最初の開催だった4月15日も多くの方が来場したようです。熱海の花火を船の上からみるという贅沢はたまらないですね。

熱海花火大会の駐車場について

熱海市営 第一親水公園駐車場

熱海市営駐車場はサンビーチ沿いに第一と第二があり花火会場からも近くとても便利です。台数は48台なので早めに埋まることが多いので当日は早く行くことをおすすめします。

料金は全日30分110円で当日最大1760円です。

熱海花火大会の穴場

花火が綺麗に見える場所や人混みを避けて見える場所を紹介させていただきます。

熱海城
MOA美術館駐車場
熱海サンレモ公園
マリンスパ熱海

熱海城

普段は17時までになりますが花火当日は21時まで延長されます。天守閣のような建造物の熱海城は海抜160の展望台があり花火と夜景を一緒に楽しむことができます。

椅子の用意はないので小さなお子様連れの方は注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次