【イベント後記】海プラクリーン作戦

11月14日の土曜日に実施した「海プラクリーン作戦-プラスチックで巨大ウミガメをつくろう!-」
間越(はざこ)までたくさんの方が来てくださり、無事イベントを実施することができました。
1日を通しての活動で、午前中は間越海岸の清掃、午後はプラスチックゴミを利用したワークショップ。

快晴に恵まれ過ごしやす陽気で、海岸の端まで人工ゴミの回収を行いました。

短時間でもたくさんの人数で行うと、こんなに集まる!

綺麗にしても次から次へと漂着するゴミ…この海洋ゴミ問題に終わりはあるのでしょうか?

清掃活動後は綺麗になった海岸で保護しているウミガメの放流。
ウミガメたちのためにも綺麗な環境を残していきたいです。

午後からのプラゴミワークショップでは、ウミガメ型にカットした発泡スチロール(漂着ゴミ)にカラフルなプラスチック片をペタペタと貼り付けていきました。

ゴミもゴミになる前は、何かのために使われていたもの。
いろんな人の想いが込められ、だんだんと愛着が湧いてきます。

そして、ゴミがアート作品として生まれ変わった瞬間!

はざこネイチャーセンターのシンボルとして飾りますので、訪れた際は是非探してみてください!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です