地域ESD活動推進拠点

みなさん、ESDという言葉をご存知でしょうか?

Education for Sustainable Developmentのそれぞれの単語の頭文字をとった略称で、持続可能な開発のための教育と訳します。

他にもSDGsといった英語も最近よく耳にします。
このロゴマークを見れば、それね!と頭に思い浮かぶ方もいるのではないでしょうか?

SDGsSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)。
これは国連サミットで採択された、世界全体でクリアしていく課題です。
ESD、SDGsの詳しいことについてはこちらよりご覧ください。

つまりSDGsを達成するには、ESDが必須であり、それぞれの活動の分野において目標を決め取り組んでいます。

はざこネイチャーセンターでも、以下の目標をメインに活動しています。

はざこネイチャーセンターは地域ESD活動推進拠点として大分県で初めて登録されました。
各体験プログラムではこれらの目標のための行動を実感していただいたり、そのための行動になっていたりします。
その他、環境教育でも学校団体、個人グループなどに対してもESDを実践しています。

今夏も幼稚園生から小学生、大学生など、レベルに応じて幅広い年齢層に実施しました。

今年は初めてのオンライン式の講義も開催!
初めての試みに不安もありましたが、ものすごく使いやすいオンラインの環境に驚きでした。
来月は地元佐伯市の小学校への出前授業も予定しています。

楽しみながら学ぶ、そんな教育の場も、はざこネイチャーセンターでは提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です