ウミガメシーズン到来

暖かくなってきて定置網漁も忙しくなってくる頃、ウミガメたちも佐伯の湾にやってきます。

ここ3日間で3匹のアオウミガメが間越(はざこ)の定置網にかかりました。
今年も各個体の調査、一時保護して経過観察をしていきます。

保護用の生け簀にも海水を引いて、準備OK。
ウミガメのいる水槽が増え、毎日のお世話がこれから忙しくなってきます。

保護用水槽には、ウミガメ飼育員さんのおしごと体験プログラムでスタッフがご案内します。
一緒にウミガメの給餌、身体計測、体のお掃除の体験ができますよ。

定置網で保護されたウミガメの他、昨年生まれた子ガメや今年3才になるアカウミガメもいます。

ウミガメに詳しくなることは間違いなしです!
雨天も開催、誰でも参加できますので、お気軽にお申込みください!

佐伯の真逆で…

先日、日本ウミガメ協議会よりタグ付きウミガメの一報が入りました。

そのカメはこちら!

このカメは2020年7月に佐伯市の定置網で混獲されたアオウミガメです。

このカメの放流から約9ヶ月後の2021年4月5日、長崎県西海市大島町のガラ島のさし網にかかったとの連絡がありました。

甲羅やタグにコケが付着していますが、何とかタグの番号を読み取ることができ個体を判別。
また、このカメは後肢が欠けており、それも個体の特徴の一つです。

長崎県までどのようなルートを旅したのか気になるところ。
宮崎県、鹿児島県を通る南のコースか、はたまた福岡県と山口県の間の関門海峡を通る北のコースか…

生態には謎が多いウミガメ。
このような情報提供がウミガメの生態の解明に少しずつ近づいていきます。

後肢が欠損しても、さし網にかかっても元気に生きている今回のアオウミガメ。
きっと幸運の持ち主なのかもしれません。

また元気でいる便りが届くことを待っています!
情報提供をいただいた日本ウミガメ協議会、長崎県長崎振興局県央水産業普及指導センターの皆様、ありがとうございました。

SUP・シーカヤック体験受付開始

本年もマリンスポーツの季節が始まりました。

大人気のスタンドアップパドルボード(SUP)シーカヤックの体験プログラムは、本日より開催します!

まだ気温の低い今の時期はオプションでウェットスーツのレンタルも可能です。

綺麗な海と開放感に包まれた間越(はざこ)の湾内を一緒に楽しもう!

ご予約はお早めに!平日のご利用がおススメです。

「新しいおおいた旅割」でバンガロー宿泊が半額!!

はざこネイチャーセンターは「新しいおおいた旅割」事業に参画しました。
これは大分県独自の旅行代金の割引補助事業で、事業の詳細は特設サイト「新しいおおいた旅割」をご覧ください。

本キャンペーンを利用すれば、バンガロー通常1泊9,380円の場合、新しいおおいた旅割利用で4,690円で泊まることができます!
その他のお部屋、各種ご宿泊プランも割引補助の対象となります(上限有)。

レンタル品や体験プログラムは対象外となりますので、予めご了承ください。

令和 3 年 3 月 20 日泊~令和 3 年 5 月 31 日泊までのご利用が対象です。
ただし、本キャンペーンは大分県民(在住者)が対象となり、割引補助予算が上限に達し次第終了(先着順)となります。

桜が見ごろのこれからと初夏の間越(はざこ)を楽しむためのお得なキャンペーン!
大分県民の皆様のご利用とご来館をお待ちしています。

ご来館の際は、マスクの着用等、お一人お一人の新型コロナウイルス感染防止対策をよろしくお願いいたします。

↓ご宿泊の予約は以下のURLより(空き状況も確認可能です)↓

「新しいおおいた旅割」をご利用される場合、大分県民(在住者)を証明するための身分証等の確認が必要となりますので、必ずご持参ください。
ご予約の際には、「ご住所」及び「旅割希望」とご記載ください。

▼プラン一覧からの予約画面
http://hazakonaturecenter.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

▼空室検索からの予約画面
http://hazakonaturecenter.rwiths.net/r-withs/tfs0010a.do

春の陽気が見え隠れする間越(はざこ)、梅の花は開花して、バンガローの桃の花も咲き始めました。
今年もアウトドアレジャーが楽しい季節が近づいてきました。

大分県内のコロナ感染者数は落ち着いてきましたが、油断できない状況は変わりません。
感染対策を実施しながら、営業をしています。

昨年より1日の受け入れ数に制限をかけ、体験プログラムも1回に基本的1グループの少人数制で実施し、予約が取りずらかったり、スケジュールの調整でご迷惑をおかけすることもありましたが、ご来館された皆様のご協力により大きな混乱もなく、密を避けることができました。

それより大きな収穫だったことは、物理的な距離は保っていましたが、心の距離は近距離であったことです。

少人数制のプログラムだからこそお一人お一人の疑問やご要望にお応えし、短い時間でも濃い内容のプログラムを開催することができました。
一方的な解説や指導ではなく、参加者とスタッフが一緒に学びながら楽しい体験になるよう心掛けています。

そんなことで先日の釣り体験も絶好調!
若いお二人と一緒にぞくぞくヒット!

定置網にかかるウミガメも海水温が上がり、増え始めてくるころです。
今年もウミガメのお世話は大忙しになりそうです!

今年で3才になるアカウミガメのカリー

4月からはマリンスポーツのSUPシーカヤックも始まります。

泊まりも合わせて、夜は美味しいBBQで1日をしめるのはいかがでしょうか?
間越まで来たらご宿泊をおススメします。

このような状況ですので、ご利用の際は事前にご連絡またはご予約をお願いいたします。
気になることはお気軽にお問い合わせください。

ふるさと佐伯の魅力を探しに…

地元佐伯市の中学生たちへの環境教育。
グループに分かれふるさと佐伯の魅力を発見する授業で、米水津(よのうず)班が来館されました。

海の環境、ウミガメの生態など間越(はざこ)の自然を解説。
ミュージアムで飼育している子ガメや淡水ガメを観察して、全員興味津々。

そして今朝、定置網にかかり保護していた大物のアカウミガメを、サプライズで放流!
大きなアカウミガメを目の前にして生徒たちは、「これ本物!?」、「すごい!これは夢じゃないよね!」、「米水津に来てよかった!」と驚きと嬉しさの声が連発。

もしかしたら数年後、産卵にやってくるかもしれません。

米水津の観光名所などを終日周遊したようで、ふるさと佐伯の自然の豊かさ、大切さを存分に感じたのではないでしょうか。

自然豊かな佐伯で生まれ育ったことを誇りに、これからの人生を歩んで行ってほしいと思っています。

2021年初ウミガメ!

2021年最初にネイチャーセンターにやってきたウミガメは、アオウミガメ!

間越(はざこ)の定置網で混獲された未成熟の個体です。
体重は10㎏、よく見るとカメの甲羅に付着するカメフジツボがお腹にもついていました。

腹甲に付着するカメフジツボ

昨年は200匹以上の個体を保護・調査してきましたが、今年は何匹のウミガメと出会えるでしょうか?

ネイチャーセンターでは、定置網に混獲されたウミガメの他、大分県で生まれたアカウミガメも保護飼育しています。
生まれた頃に比べ、大きさはもちろんのこと色もだいぶ変わってきました。
現在2018年生まれと2020年生まれのアカウミガメがいて、元気にすくすく成長中です!

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年でネイチャーセンターは5年目に突入します。

1月13日(水)が2021年最初の開館日です。

2021年もカメ、ヤギ共々、どうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を!

本日で2020年の営業は終了します。

今年は新しい生活様式の中で各種ご案内させていただき、ご不便おかけしたこともあったかもしれませんが、たくさんのご利用誠にありがとうございました。

来年も引き続き、本年の様なスタイルでの受け入れとなるかと思いますが、また皆様とお会いできることを心よりお待ち申し上げております。

2021年は1月13日(水)より開館いたします。

それではよいお年をお迎えください。

年末年始の営業について

本年の営業は12月27日(日)までとなり、2021年は1月13日(水)から開館いたします。

ご宿泊、各種体験プログラム等の受付も12月28日から1月12日までの期間は中止となります。
新型コロナウイルス感染拡大の状況により変更する場合もありますので、予めご了承ください。

GoToトラベルの一時停止や感染状況も日々拡大しています。
ご予約の際はご注意ください。

ご予約やご利用についてのご不明な点などは、ホームページのお問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。

ご来館を予定されていたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。