名前が付きました!

新型コロナウイルスで外出は自粛ムードとなっていますが、先日の3連休では地元から遠方まで多くの方がドライブや佐伯の自然を求めて、ネイチャーセンターまで足を運んでいただきました。

連休中に開催していた「ウミガメ飼育員さんのおしごと体験」では、現在保護しているアオウミガメの名前を参加者の皆様と考えました。

今までは保護していてもタグの番号でしか管理されていなかったウミガメ達。
名前を付けると自然と愛着も増してきます。

1月20日にネイチャーセンターやってきたアオウミガメは「ラッキー」 

後ろ足が少し欠けているのが特徴です。

1月29日やってきたこのウミガメは「ネネ」

右後肢に傷跡のようなものがあり、甲羅のお腹側には小さなフジツボがついています。

まだオスかメスかわからないので、「くん」か「ちゃん」のどちらを付けて呼んだらいいのか分からないので戸惑っていますが、「ネネ」は健康状態も良好なので3月14日に海へ放流する予定です。

3月14日のイベント内で放流します↓

ウミガメ飼育員さんのおしごと体験も気軽に参加でき、短時間で楽しめ、ウミガメことが学べます!
運が良ければ新しいウミガメとの出会いも・・・!?

↓体験の一部をご紹介↓

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中