はざこ海岸 防砂垣設置完了

ウミガメが産卵にやってくる海岸の復活を目指して実施しているプロジェクト。

7月6日のはざこ海岸の保全活動は滞りなく終了しました。

日本文理大学の学生の皆様を中心に防砂垣の設置作業を行いました。

天候を心配していましたが、晴天に恵まれ、汗ばむ気候。

半日をかけ、数十メートルの防砂垣を設置しました。

イベントの最後は保護していたウミガメを放流。
海を見ると一目散に帰っていきました。

一昨日は大分市で今年初めてのアカウミガメの産卵が確認されました。

今年、間越(はざこ)海岸でウミガメは産卵にやってくるでしょうか?

この活動は第12回TOTO水環境基金の支援を受け実施しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中