第7回九州ウミガメ連絡会・第3回大分県ウミガメ会議は終了しました

3月16日に佐伯市米水津の間越の海辺の村交流館で開催された第7回九州ウミガメ連絡会・第3回大分県ウミガメ会議は無事終了しました。

大分県内外より約60名のウミガメや環境を調査研究している方々が集まり、会のはじめに鹿児島大学水産学部 西 隆一郎 教授のウミガメと海岸環境をテーマに基調講演、その後、各団体の活動報告、情報交換会を実施しました。

翌日の17日は、ウミガメが生息する鶴見半島を周遊するバスツアー。

海洋ゴミ問題等のウミガメを取り巻く環境を少しでも改善し、ウミガメをはじめとする野生動物と人間が共存できる環境づくりを図るため、今後も九州ウミガメ連絡会で地域間の連携をより深めていきます。

今回ご参加いただきました皆様、年度末のお忙しい中、また遠方より足をお運びいただきありがとうございました。

来年度は鹿児島県での開催予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中