カメになって学ぶ体験型環境教育

はざこネイチャーセンターでは、老若男女問わずウミガメや環境について、随時、環境教育レクチャーを行っています。

今回は佐伯市宇目の小学2年生の皆さんへレクチャーをしました。

ウミガメの産卵巣の説明
ウミガメの産卵巣の説明

スタッフも感心してしまうくらい、カメをはじめ、生き物に詳しい子どもたちばかり。

レクチャーの中で、スタッフが実際に行っている調査も体験。
本物のカメの甲羅を背負いその重さを体感し、甲羅の大きさを測るデモンストレーションを行いました。

質問タイムでは、子どもたちからの質問が止まらず、クイズや体験を交えながらの1時間のレクチャーは、あっという間。

質問タイム

生き物博士を目指す子、プラスチックゴミ問題にも意欲を見せる子など、将来ウミガメや環境をまもる人材が生まれることが期待できる有意義な時間となりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中