アオウミガメが長崎対馬上県町で再発見!!

今年の7月23日に間越海岸から放流したアオウミガメが本日長崎対馬上県町で発見されたと連絡がありました。

長崎での発見は初めてです。

どの経路で移動したのか分かりませんが、長い距離を移動したに違いありません。

また東京大学との共同研究で以前、送信機を付け放流した個体は、現在、間越の海で過ごしていることが分かりました。

長い距離を移動する個体もいれば、放流後も間越付近に住み着いている個体もいるようです。

はざこネイチャーセンターでは、引き続きウミガメ標識調査をおこなっていきます。

新たな発見があるかもしれません。

ウミガメ情報はコチラまで↓

「はざこネイチャーセンター」
☎0972-34-8448

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中