海プラクリーン作戦完了

9月29日に実施された「海プラクリーン作戦」は滞りなく無事終了しました。

台風の接近に伴い、イベントは屋内で実施。
事前に回収していた海岸ゴミの分別を行いました。

海岸に流れ着いたプラスチックゴミ(海プラ)や缶・ビン・ペットボトルの資源ゴミ、漁具など、ゴミの種類も様々。

作業に慣れてくると、手際も良くなり、10袋のゴミ袋の分別があっという間に済み、午前中で作業は終了しました。

午後からは日本文理大学の学生たちによる海プラについてのスライド発表と意見交換会。

海に漂うプラスチックゴミは膨大にあり、今回の活動が引き金となり、多くの方々へ海プラの問題を共有し、課題解決のためのアクションとなることを望んでいます。
海プラの問題はこれからが始まりでもあります。

この活動は第12回TOTO水環境基金の助成を受け実施しています。

活動の様子は10月1日付の大分合同新聞にも掲載されました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中