ウミガメの産卵調査

5月末から10日~14日置きに、ネイチャーセンターのスタッフが蒲江周辺の海岸でウミガメの足跡調査をおこなっています。
今年は、まだ上陸の痕跡や産卵を確認出来ていません。

海岸を歩いているとそこに生育している植物や動物の足跡等、色々な発見があります。

今現在、大分県内で今年の産卵が確認されているのは間越海岸のみです!

間越海岸では、もうすぐ3回目の産卵が来るのではないかと予想されています。
スタッフはその姿を今度こそ確認するため、間越海岸を夜間見回りをしています。

さて、今晩は来るでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中