アカウミガメの卵~人工孵化の経過~

はざこネイチャーセンターの人工孵化器で温めていたアカウミガメの卵(5月16日産卵)の途中経過調査をおこないました。

温め始めてから約1ヶ月、そろそろ発生にともなう血管が見えてもおかしくない時期と期待して見てみると・・・

卵の表面の色がくすんでいて、ライトを当てて透かしてみても血管などの影が見えないものが多くありました。

最終確認のため割ってみると、やはり胚もなく約半数が無精卵でした。

産卵シーズンの初期には、無精卵が多いという説も・・・。
残った卵の中には、真っ白で元気そうなものもあり、
引き続き大切に温めて、孵化を待ちたいと思います!

広告

“アカウミガメの卵~人工孵化の経過~” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中