ウミガメの放流

定置網に混獲され保護していたウミガメ達を放流しました。

本日放流したウミガメは、東京大学でのウミガメの行動実験の予備実験のために保護していたウミガメ達でした。
個体識別のための標識も装着し放流です。

今年のウミガメの放流はこれで最後となりましたが、ミュージアムにはヘッドスターティングプロジェクト(※)で飼育している子ガメたちがいます!

アカウミガメとアオウミガメのハイブリッド
アカウミガメとアオウミガメのハイブリッド

 

 

 

 

 

ぜひ子ガメたちの成長の様子も見に来てください!

※子ガメを一年間飼育して放流します。ある程度大きくさせてから放流することで生存率が高まると言われています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中