鶴見半島の自然

大分県の南部にある佐伯市、鶴見半島。日豊海岸国定公園に指定される、自然豊かな地域です。半島の先は、九州最東端。間越は、鶴見半島の一番くびれた部分にあり、漁業を中心とする小さな村です。

南側から暖かい黒潮が流れ込む地形のおかげで、大分県内でも一年を通して海水温が高く、たくさんの種類の生き物が生息しています。街から離れた半島や小さな島々が点在する地形のおかげで、個性的な生態系が残っており、希少な生き物も多い地域です。

DSC_0613

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。